交通事故によるムチウチ・腰痛などを、たいしたことないと思ってほうっておくと、後々つらい思いをすることがあります。後遺症に悩まされないよう、きちんと治療することをお勧めします。

当院で治療を受けるには

  1. 加害者側の保険担当者に連絡して、当院で治療したい旨を伝えてください。
  2. 事故の状況、怪我の状態、病院での検査結果などを伺ってから治療を開始します。
  • 交通事故の場合、病院に通いながら整骨院でも治療することができます。
    当院で治療を受け、病院で定期的に検査をされている方もいます。
  • 病院や他の医療機関から転院することができます。
    「自宅や会社から遠くて通いにくい」「なかなか良くならない」
    などの理由で医療機関を変更したい場合、保険会社に変更したい旨を伝えれば変更できます。

交通事故の治療は自賠責保険により、窓口負担はありません。怪我が治るまで治療を続けてください。

交通事故に遭ったら

  1. 人命救助
    明らかな負傷者がいる場合はまず救急車を呼ぶ。
  2. 警察への届出
    どんな小さな事故でも必ず警察へ届け出ましょう。
    これを怠ると後々トラブルの原因になります。

    その場で示談は絶対にしてはいけません。

  3. 相手方の確認
    氏名、住所、連絡先、免許証、相手の保険会社など。
  4. 事故状況の確認
    記憶が鮮明なうちにメモしておきましょう。
  5. 保険会社、代理店へ連絡
    できるだけ早く連絡してください。
  6. 病院で診察を受ける。
    診断書を発行してもらい、事故を届け出た警察へ提出してください。